ファミリー
お面と豆

豆まきや恵方巻で

節分は厄払いをするため、豆まきや恵方巻を食べることが風習としてあります。最近は恵方巻に似せたお菓子も登場し話題となっています。お友達やご家族へのプレゼントにも最適です。みんな揃って手作り恵方巻で節分を楽しめたらいいでしょう。

季節の境目に無事を願う

豆まき

豆まきは全国的に有名

毎年2月3日は、節分です。節分には「季節を分ける」という意味があります。この日は立春の前日であり、冬から春への季節の分かれ目に当たります。実は、昔は立夏・立秋・立冬のそれぞれ前日も節分と呼ばれていました。しかし1年の始まりに当たる春の訪れが特に重要視されたことから、現在のように1年に1日の行事として定着するに至りました。節分の日には各地でさまざまな行事が行われますが、ほぼ全国に共通しているのが豆まきです。豆は穀物であり、生命力の象徴です。これを撒くことにより、邪気を祓い、無病息災を願うというのがこの行事の趣旨となっています。なお、豆まきには炒った大豆が使われるのが一般的ですが、地域によっては落花生を使うこともあります。

恵方巻は意外と新しい習慣

元来、節分の豆まきは一家の家長またはその年の年男が行い、家族は自分の年齢の数だけ豆を食べるというのが決まりとなっていました。しかし最近ではそれほど厳密ではなく、一家そろって豆まきをするところも増えています。神社の中には、年男・年女を招いて境内で豆まきを行うところもあります。一方、最近になって全国的に広がりを見せるようになったのが、恵方巻という習慣です。恵方巻とは、その年の恵方(福の神が在位する方角)を向いて巻き寿司を食べるというもので、元々は近世末期から近代初期に大阪で興った習慣だと言われています。それが商業振興を目的としたイベントによって徐々に広まった結果、現在では節分に欠かせない行事の1つとして定着しつつあります。

鬼と豆

良き1年を迎えるために

節分は季節を分ける日の前日に新たな一年を災いの無い1年とするよう、厄除けを行う日でした。それが豆まきによる邪気払いです。また、同時に福を巻き込んでいる恵方巻や縁起の良いとされるイワシやそば、こんにゃくやくじらなどを食べる風習があります。その由来やしきたりについてもしっかりとつないでいきたいものです。